スポーツ

シンクロ改めアーティス乾選手大会直前にペア変更の吉田萌選手とは?裏では引退が・・・

(シンクロ)アーティス吉田萌

スポンサーリンク

シンクロ改めアーティス乾選手大会直前にペア変更の吉田萌選手とは?裏では引退が・・・

 

2019年韓国で開催された世界水泳で、

元シンクロのアーティスティックスイミング(AS)で銅メダルを取ったのが

日本の絶対的エースの乾 友紀子(いぬいゆきこ)選手です。

この、乾選手とペアを組んで、2019年世界水泳で、ペア4位を取った選手が

吉田萌(よしだめぐむ)選手です。

 

この吉田選手は、井村コーチによって突然、抜擢されたシンデレラガール。

抜擢後、すぐに

2018年8月に開催されたジャカルタ・アジア大会で、銅メダルを取り、

注目を浴びることとなりましたが、

吉田萌選手は、愛知県出身でもありますので、

今回は、この吉田萌選手についてせまってみたいと思います。

 

 

シンクロナイズドスイミングからアーティスティックスイミングへ

シンクロナイズドスイミングは、2018年4月より、名称が

アーティスティックスイミング(AS)に変更になりました。

東京五輪競技アーティスって何?シンクロとの違いやルールを知ろう!



 

その、アーティスティックスイミング(AS)日本代表の選出方法は

世界で戦えるスケールや、リフトなど特殊能力を持つことなどを要件とし、

井村雅代ヘッドコーチが日本水連に推薦する形で、

アーティスティックスイミング(シンクロ)「日本代表候補チーム」を編成しています。

 

そのため、代表選考会は廃止されることとなり、主要の国際大会へ出場する選手は、

「日本代表候補チーム」の中からその都度選ぶ。という形をとっています。

 

東京五輪に向けて

井村雅代ヘッドコーチら首脳陣の意向が強く反映される大幅な強化策の変更をとり

打倒中国を掲げている井村ジャパン。

まずは、アジア大会(2018年8月、ジャカルタ)での打倒中国を狙います。

 

乾選手、突如のペア変更!吉田萌選手の大抜擢

 

乾友紀子(いぬいゆきこ)選手は、今のアーティス(シンクロ)全日本の絶対的なエースとして、

チームを引っ張る存在であり、

その乾友紀子選手とデュエットのペアを組んできたのは、

中牧佳南(なかまき かなみ)選手でした。

中牧選手はリオオリンピックではチームで出場し、見事、銅メダルを獲得した実力者。

リオ後、乾友紀子選手とデュエットを組むようになり、

2017年の世界選手権にも、乾選手とペアで出場していました。

 

しかし、全日本を率いる井村雅代ヘッドコーチは、アジア大会直前でデュエットのペアの変更を発表。

その井村雅代ヘッドコーチに指名されたのが、吉田萌(よしだめぐむ)選手だったのです。

 

今まで乾選手のペアとして練習してきた中牧選手は、

井村雅代ヘッドコーチより、ペア変更を伝えられると、

「頑張れない」と、代表を離れることとなります。

 

中牧選手の、事実上の代表引退を招いた、電撃のペア変更は、

波乱の幕開けとなりましたが、ペアのパートナーに吉田選手が選ばれたことについて、

 

吉田選手は

「私で良いのかと思ったがデュエットは目標だったので頑張りたい。

後ろを振り返っている暇もない。やれることをやるだけ。」と述べています。

 

また、乾選手は、新パートナーである吉田選手について

「すごく器用。音感も良くてうまいという感じ。

リズミカルな動きや軽快さを出していける。

まだフィーリングが合わないところもあるが、より音楽に乗って泳げると思う。」

と、意欲的です。

 

また、井村ヘッドコーチが、

「東京オリンピックまでの2年の間に、また、パートナーが変わるようなことがあれば、

乾選手が、また傷つくし、コーチである私も傷つく。」

という趣旨のことを吉田選手に伝えると、

吉田選手は、「覚悟はできてます。」

と、強い意欲を見せたとのこと。

メンタル面の頼もしさもうかがわれます。

 

気になるのは

事実上の代表引退となってしまった中牧選手。

中牧選手に対して、井村ヘッドコーチは

「まさか辞めるとは思わなかった。チームに必要だからと言ったが、考えが甘かった。

彼女がいないのは残念。」とやはり、ショックは隠せないようです。

 

東京オリンピックまで、あと2年。

これ以上の離脱者が出ることは、絶対に避けなくてはならない

井村ジャパン。結束を固いものにできるのかが鍵となりそうです。

 

吉田萌選手へのペア変更の理由

 

井村ヘッドコーチは、新ペアの相手として吉田選手を選んだ理由として

「技術ならほかにもうまい選手はいる。ただ、乾とのバランスや

苦しくても楽しんでいる日々の態度を見て、彼女ならやっていけると思った。

吉田は明るくて演技もできる。音感が素晴らしいので細かい動きもできる。

停滞がないから私も攻めていける」

と、吉田選手起用の理由を明かしています。

また、

「カナダ遠征で吉田を起用したらよく泳いでいたので、吉田の方がいいと思った。

これではいけないと思ったら、きっぱり変えるのが自分流ですから」とも述べています。

 

自分の決断を信じる強気の井村コーチらしい発言ですが、じつは、

2017年の10月頃から、このまま2020年の東京五輪までやっていけるのかと悩んでいたそうです。

選手たちの“のびしろ”を考えたときに、吉田選手の伸び率に魅力を感じ、

試しにデュエットのテクニカルを組ませてみたところ、わずか3週間足らずの練習で形になったため、

2018年5~6月のカナダ合宿の時に、吉田選手起用を本格的に決めたようです。

 

吉田選手は、子供の頃からバレエやジャズダンスで鍛えたリズム感や音感、

それに加えて、168センチの長身からすらりと伸びる美脚が持ち味。

170センチの乾選手との体格差もほとんどないため、ペアとしてのバランスがよく、

大柄で見栄えのするロシアなどの外国勢と戦うことを考えると、

やはり、吉田選手は魅力的だったようです。

ただ、懸念材料としては、吉田選手の武器であるはずの美脚が、

「あまりに美しいため“一つ間違ったら弱く見える”」こと。

強みが弱みにならぬよう、がんばってもらいたいものです。

 

吉田萌(よしだめぐむ)選手のプロフィール

 

名前:吉田萌

読み方:よしだめぐむ

生年月日:1995年7月2日

身長:168cm

体重:53kg

出身大学:愛知学院大学

所属:愛知学院大学職員
ザ・クラブピア88

 

「ザ・クラブピア88」は、愛知県にある唯一のアーティス(シンクロ)クラブ。

北京オリンピックで活躍した松村亜矢子さんや石黒由美子さん、

双子の木村真野・紗野姉妹を輩出しています。

(筆者であるnikemaruがよく通っていたプールが練習場だったと知って、びっくり!

これは、応援せずにはいられません!!)

 

吉田萌選手がアーティス(シンクロ)を始めたのは4歳から。

小学生でバレエ、中学生ではジャズダンスなどを経験。

2017年7月の世界水泳では代表に選抜されていません。

 

2017年のインタビューで

「シンクロが嫌になるときは?」の質問に

「しょっちゅう。」と答えていますが、

「2020年の東京オリンピックを目指しているので

強化合宿でやったことを自分のモノにしてチームの人に刺激を受けながら

時に隣の人がライバルと思いながらやっていきたい。」とも

述べています。

 

2018年アジア大会前のインタビューでは

デュエットに抜擢されたことについて、素直にうれしかったという吉田萌選手。

全日本選手として、練習する量は、今までの選手時代の何年分?

ってほどの練習量で、今までとは比べ物にならないほど、練習しているそうです。

 

さすが、鬼コーチ(?)で厳しい指導で有名な井村コーチ。

打倒、中国のため、選手たちをビシバシ鍛えているようですね。

 

代表に選ばれない選手から、エースのペアに選ばれるまでの選手に

短期間で成長した吉田選手。

これからの活躍から、目が離せなくなりそうです。

 

 

アジア大会新ペアデビューで銀メダル獲得!!


2018年ジャカルタアジア大会で、乾・吉田ペアが銀メダルを獲りました!

ペアを組んでわずか2カ月での快挙です。しかし、

打倒中国とはいかず、目標達成とはいきませんでしたが、

井村コーチからは、「もっと点数が出てもいいと思う。吉田は頼りになる。」と、

新ペアへの期待感がうかがえました。

中国の壁は、まだまだ厚いようですが、

東京オリンピックに向けて、頑張ってもらいましょう!!

 

まとめ

 

日本のお家芸としての復活を果たしたい

(旧シンクロ)アーティス全日本が、エース乾選手のペア変更を

2018年アジア大会直前に発表しました。

新ペア抜擢の吉田萌選手とは、どのような選手なのか、

また、なぜ変更に踏み切ったのかについてお伝えしました。

 

シンクロが日本のお家芸だったころのようには、

まだ、復活できていないですが、

あと一歩のところまで、迫ってきている感じがしますね。

東京オリンピックでは、ぜひ、マーメイドジャパンのメダルを見たいです!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

男女混合のASも、いつかオリンピック競技になりそうですよ。

こちらの記事もどうぞ

【アーティスミックス】シンクロ初の安部・足立ペアの執念がスゴい・付き合ってるの?

 

東京五輪競技アーティスって何?シンクロとの違いやルールを知ろう!

【新体操】かわいい!が世界レベル級の大岩千未来(ちさき)は高校生!プロフィールや強さの秘密は?

【トランポリン】かわいい森ひかるは新技習得の天才!ライバルは親友?家族が支える絆とは?

日本代表監督?森保一の妻や息子がめっちゃ仲良しですごかった!

宮本信子の旦那 伊丹十三は自殺?殺された?死の真相

nikemaru

投稿者の記事一覧

自分の知りたいことやみなさんに有益となりそうな情報発信をしていきます。移り変わりの激しい世の中にあっても、主婦目線でささやかな楽しみにつなげられることを発信していきたいです。

関連記事

  1. 森保一 サッカー代表監督 【サッカー】日本代表監督の森保一の妻や息子がスゴくてめっちゃ仲良…
  2. 世界水泳銀メダル松元克央 カツオ 【世界水泳】松元克央選手と頂点カツオに急成長させたコーチとは
  3. 女子バレー 古賀選手 かわいい 【女子バレー】古賀紗理那選手がかわいい!の秘密は歯?代表落ちで性…
  4. サッカー堂安 彼女 家族 【サッカー】日本代表の堂安律選手の強さの秘密がわかった!兄や彼女…
  5. マラソン井上大仁 【マラソン】井上大仁(ひろと)東京オリンピックの暑さ対策ジャカル…
  6. アーティスミックス シンクロ 安部・足立 デュエット 付き合い 【アーティスミックス】シンクロ初の安部・足立ペアの執念がスゴい・…
  7. 高校野球愛知大会決勝戦 日程 場所 駐車場 アクセス 注意点 2019年高校野球愛知大会決勝戦の日程・場所は?駐車場・アクセス…
  8. 白岩優菜 フィギュアスケート 【フィギュア】かわいい白岩優奈選手は高校生!成長は宮原選手のおか…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 与田剛中日監督
  2. せともの祭 グルメ
PAGE TOP
error: Content is protected !!