芸能

【着飾る恋には理由があって8話】横浜流星に沼落ち!好き勝手にネタバレ考察してみる

着飾る恋に理由があって 考察 ネタばれ

スポンサーリンク

ドラマ【着飾る恋には理由があって】8話を

横浜流星に沼落ちしてしまった主婦が、好き勝手に突然、感想というか考察というか

横浜流星の魅力を書きたくなった記事です。

ネタバレもします。

なぜ8話から突然語る?って感じですが、

まあ、溢れる思いのたけを、ひたすら書き殴りたいだけの記事なので、

そこは笑って許して下さいませ。

ちなみに、俳優さんの敬称も、ついたりつかなかったり、

ドラマのキャラクターにも、くん、ちゃん付けたり呼び捨てにしたりと、

もう、滅茶苦茶ですが、そのときの熱量赴くままに書かせていただいておりますので

どうぞ、スルーしてやって下さいませ。

 

7話でやっとラブラブになった駿と真柴

2話でキスしちゃった藤野駿(横浜流星)と真柴くるみ(川口春奈)が、

イチャイチャしたかと思うと、突然、関係が不安定になったりと、

いまいち、安定度にかける二人の恋でしたが、

7話にきて、ようやくラブラブになって、島から二人で仲良くご帰還。

駿が真柴ちゃんへの愛を素直に表現するようになって、

やっと少し安心したのでありますが、

 

「本当は真柴に会いにきたのかもしれない。やっと気づけた気がするよ、君のおかげで」と

真柴7年間の片想いの相手であるシャチこと元社長葉山に宣戦布告され、

心かき乱されつつも、駿の真柴ちゃんへの愛がダダ漏れする回でしたね。

 

いや~、ニタつきながら何度も録画で見直すわ、TVerで繰り返して見るわで、

毎日毎日、アホみたいに

#着飾る恋 ばかり見ております。

我ながら、あまりの中毒異常さに、脳細胞が腐りはじめた気分です。

 

個人的には、2話で約束した駿がエビを真柴ちゃんに食べさせる約束とか、

5話のこの上なく美しいキッチンカー越しのキスの後に約束した

渓流釣りへ行く約束とかは、一体どうなったんだ?

と気になって仕方がありませんが・・・。

さてさて、

今回の8話では前回の船上でのラブラブモードとは一転して、

駿が以前勤めていた店『オルテンシア』のオーナーの娘で元カノである葉菜の登場からのスタートです。

 

8話はちょっと怖い元カノ葉菜登場

まずは、横浜流星氏の押しポイントとして、

駿のもとに元彼女である葉菜ちゃん(山本千尋)がやってきて、超絶驚く駿くんの顔や

そして元カノ葉菜ちゃんが「どれだけ心配したと思ってるの!

あなたには(店に)来る義務があると思う」とキツく言われ

「ごめん」とうつむきながら苦しそうに答える駿くんの姿に

萌えました・・・・。

横浜流星くんの、こういう辛そうな演技は、なんともわたくしの女心を突いてしまう模様。(笑)

元カノ葉菜ちゃんがこれまた、キツそうなのが、妙にツボにはまってしまい

結構お気に入りキャラになりつつあります。



シャチ葉山への対抗心をあらわにする駿

元カノ葉菜の登場で、一気にお悩みモードに突入の駿ですが

別枠では、真柴ちゃんへの愛に気づいてしまったシャチ社長・葉山(向井理)が京都から戻ったところ、

偶然、町で真柴と出会い(普通、出会うかよっ!)、二人して帰宅です。

 

その道中、葉山は豆柴のストラップのお土産を真柴にだけ渡しますが、

その時、天然の人たらしの葉山が、不器用そうにバツの悪い照れた顔を一人でしている。

シャチ葉山は、あざとくなく不器用な男と制作側から指定されているそうで

まさしく、仕事はできるが、恋や私生活には不器用そうな男を、

アザとくならないように演じている向井理氏。

わたくしの推しキャラ、駿のライバルとしては、もう、

とてつもなく恐ろしいキャラとして出来上がっております。

金持ちで出来る社長なのに天然なドジさも併せ持つというダブル攻撃で、

女心をくすぐり、葉山ファン・・・というか向井ファンが、

完全アテ馬であるはずのシャチ葉山を応援してしまうのは、

必然すぎる・・・。

リアルにいたら、私は葉山を選ぶ。

 

さて、元カノ登場で完璧なお悩みモードに入った駿が自宅のキッチンで作業中に、

真柴と葉山が二人して帰宅。

葉山に嫉妬の気持もある駿は、固い表情で葉山を見るものの、

葉山は大人対応で「お邪魔します」とにっこり笑顔。

ここは駿も、いつもの“口角上げ笑顔”で返すという、

横浜流星の真骨頂である表情差演技は、大好きです。

駿の葉山への隠したる敵意を見て取ることができ、

これまた、ん~、萌えまする。( ´∀` )

 

リビングでトランプゲームをすることになっても、シャチ葉山が参加するとなると、

サッとキッチンに行ってしまう駿。

駿の元気のない様子を察知して、心配する真柴ちゃんですが

駿の、反応は薄し。

レストランのこととシャチへの嫉妬で混乱中の駿の態度と

心配する真柴ちゃんとの心のすれ違いが、なんともイライラさせられつつも、

王道の三角関係としては、どんどん見ごたえあるものになりそうな予感がして

ドラマを盛り上げてくれます。

 

シェアハウスオーナーの香子さん(夏川結衣)から那須塩原のフレンチレストランでの大人デートをプレゼントされたり

駿のはとこのはるちゃん(丸山隆平)と羽瀬ちゃん(中村アン)が付き合いを開始したりと物語は進みますが

今回のメインラブキュンポイントとしては

酒盛り&トランプゲームでソファで寝てしまった駿と真柴。

 

目覚めた駿が真柴の髪を直して二人のまったりラブキュンタイムが一瞬、流れますが

はるちゃんの声であわてて、真柴の髪から手を放す駿。

はるちゃんも、二人のことは、見て見ぬふり。

ああ、一瞬で終わるなや!もっと堪能させてくれや~!!

と、今度は私の悶絶タイムとなりやした。

(実は、ソファーの下には羽瀬ちゃんが寝てます。)

 

人目がある中での恋愛にはあるある(かも)のシチュエーション。

ん~、私も誰かにやってもらいたい(´;ω;`)

 

シャチ葉山は三角関係に本格参戦

さて、

場面は意を決して元カノの店『オルテンシア』へ向かう駿。

重い気持ちを引きずりながら、「はあ」「ふう」言いながら店へ向かいます。

ちょっと、かわいい。

で、店で葉菜ちゃんに

2ヵ月間店を手伝ってほしいと言われるも、怖い葉菜父オーナーに激怒され、シュンとする駿(ダジャレじゃないよ)

 

そして、駿は、

その日は遅くまで車の中でお悩みタイム。

駿の様子を気にかけている真柴ちゃんは、駿の帰りを待ちながらソワソワ。

そこに、いつも神のタイミングを持つシャチ葉山の登場となり、

2人ババ抜きのスタートとなります。

 

そして、出来る男、シャチ葉山は、

「負けたほうが秘密を打ち明ける」という罰ゲームを提案。

これは、真柴のババカードを見破っているため、わざと負けて告白でもしようという

魂胆が見え見えなのだ。

ただ、実際チャンスがあったとしても、シャチは思い直して

わざと負けることはしない・・・。そんな想像を簡単に視聴者にさせてしまうほど

向井葉山は最強男な気がします。

さて、危うく、あと少しのところで告白タイムになりそうなところでしたが、

お待ちかね駿くんのご帰宅。

「あ、帰ってきた!」とカード放り投げる真柴。

 

この、真柴の駿への真っすぐな気持ちにブレがないところが、

三角関係ドラマにありがちなヒロインとは違って、真柴の好感度が大変高い所以です。

 

で、帰ってきた駿といえば、

お悩みモード全開なところに、追い打ちをかけるかのように、

真柴と葉山が2人でトランプをしていたことがわかりムッとする駿。

でも、すぐに真柴の方に目を合わせ、やさしい言い方で「ただいま」

 

こういう嫉妬する感じと優しい感じの表情の切り替えと声がいいのですよ、本当に。

流星君。ありがとう。惚れるわ~。

 

しかし、待っていた真柴を尻目に、とっとと、部屋に戻ってしまう駿。

こういうところが彼女を不安にさせてしまうところだよね。

リアルで考えれば、こういう性格だと、のちのち面倒くさくなるポイントじゃねーか?

と突っ込みたくなる気持ちは、あえて抑えておきましょう。

だって、彼はメンタルがやられてしまうほど傷ついた過去と向き合っている最中だからね。

 

そして、残念なことに

ミニマリスト駿は、毎日洗濯しないと着る服がない。

そのため、夜遅くなろうとも、洗濯をする駿にシャチ葉山が動きます。

「一杯、付き合ってよ。」とさわやかな笑顔でワインコップに注ぐシャチ。

彼はとにかく、どこまでも、大人でスマートです。

 

駿は、おもしろくなさそうな顔でワインをグイッ。

そんなことは、気にも留めない様子で大人葉山は、淡々と

「俺はこと恋愛に関して、そんなに鋭いほうじゃないけど、

それでも君と真柴のことは見てれば分かるよ。真柴のこと頼むね」と言ってのけます。

 

どこまでも大人の余裕が匂いたつ葉山に

ムッとした感じで

「それは言われなくても」と

答える駿の言葉に言葉をかぶせたのはシャチでした。

 

「もし頼めないんなら 遠慮はしない」と・・・。

ひょえ~!わかりやすく葉山の宣戦布告です。

シャチったら、島で自分の気持に気づいたとたん、動くの早いっすね。

さすがシャチっす。

そして葉山の言葉にカチンきた駿くんが、放つ波動砲。

「初めに泣かせたのはどっちですか?」。

 

く~っ!!、痺れたわ!

いい!いいよ!いいっすよ!この表情!流星~!かっけ~わ!!

真柴への愛がこぼれ落ちるわ。

駿にしたら、一度はあきらめようとした過去があるわけだし、

泣かせておいて今になって圧かけられてもね~。だよね。わかるわよ~。

 

でも、シャチは最後まで大人なのです。

雰囲気悪く二階へ戻る駿に

「ありがとう 付き合ってくれて・・・」だってさ。

 

ん~・・・。なんか嫌になるほど大人ですよ。シャチよ。

「この付き合ってくれて」は、

お酒を1杯付き合ってくれてありがとう

傷ついた真柴と付き合ってくれてありがとう

 

の二通りの意味がありそうね。

駿にしてみれば、

お前に言われる筋合いねえわ!だけど、

シャチの強さを見せつけられて、こりゃ、辛いだろね。

 

真柴に背中を押され駿はオルテンシアで働くことに

さて、翌朝は真柴ちゃんのターンです。

玄関で駿が仕事の準備から戻るのを待っていた真柴ちゃん。

「そろそろ話してくれる?」と問う真柴に対して

相変わらずのらりくらりとかわそうと

「そんな出待ちみたいなことしなくても、いつでも呼んでくれればさ」

という駿の口をグイッとつまんで

「何かあったでしょ?ごまかさないで 話して」

とスゴむ真柴ちゃん。

駿も観念して素直に「はい。」

 

この姉御的な真柴ちゃんと、降参する駿のやり取りは

6話の「おれは、もう、いいよ」の口つまみと同じパターンで

真柴くるみの大変な男気ある好感度ポイントです。

 

今までの恋愛ドラマには見られない、

女側がイニシアティブをとって、男側がヒロインになるパターンなのよね。

 

精神的に、女性の方が大人で男性を包んであげてるわけだけど

新しい令和の恋愛っぽくて、大変よいです。

 

といっても、もともと、リアルでは、女性の方が精神年齢が高いことが多いから

近いものは昔からあったのではと思うけど、

男らしさが受ける時代のドラマではあまり描かれなかったパターンだよね。

くるみちゃん好きだわ~。



 

で、すべての話を聞いた真柴が、駿に

後悔を捨てるように助言。ミニマリストになって物理的には

何もかも捨てたはずだけど、感情だけは簡単に捨てられなかったことを突かれた駿くん。

「うん 確かに」
「反論できず」

と、真柴に全面降伏。

そして「ありがとう」とほほ笑む駿。

もう、駿は、完全に飼い主に腹をみせて撫でられまくりの犬状態です。

 

これで駿は、もっと真柴に夢中になってしまって

嫉妬を隠せていた頃には、もう戻れないはず。

真柴愛があふれて仕方なくなるはずだぞ。ヒヒヒヒ・・・。

 

藤野駿というキャラは、ドラマ序盤では、天邪鬼で

人の気持を逆撫でするような物言いをするところがありましたが、

基本、素直で、繊細で、めちゃくちゃいい子なのよね。

香子さんやくるみのお母さんといった年上の人には、めちゃくちゃ礼儀正しいし。

たぶん、子供の気持ちを尊重する親御さんに大事に育てられたんだろうなと

想像してしまいます。でも、一人っ子かな・・・?(勝手な想像)

 

ということで、真柴に背中を押されることによって、

過去と向き合うことにした駿は、

オーナーに「人と働くことが怖くなって逃げた」と過去の過ちを謝罪。

そして、採用条件となった試食テストにもパスし、

レストランシェフとしてのリスタートとなるわけだけど、

 

 

距離が離れる真柴と駿

この8話では、とにかく、シャチ葉山と真柴との距離が近まるし、

駿とは格段に違うシャチの大人ながらも人としての魅力にスポットがあたりまくり。

自転車二人乗りや、葉山の涙の演説など、向井ファンには歓喜シーン続出です。

これでもかと、大人葉山の魅力をブンブンに嗅がせられる真柴ちゃんと視聴者。

視聴者ともども真柴が

いつまで、駿一途でいられるのか・・・!見ものです!

(ひと昔のラブコメなら、ヒロインは訳もなくブレまくるけどね(笑))

 

さて、話を駿と真柴に戻しましょう。

店をやっているときの駿は、料理のことしか見えなくなってしまう。

と言う陽(はる)ちゃんの心配どおり、

駿は二人の会話の時間も取れないほど店に没頭。

 

しかし、駿は、忙しい時間の合間に

真柴を嬉しそうにギューして頭クシャクシャするなど、

真柴愛は溢れています。

真柴も、駿の足音を聞くと、部屋から飛び出す可愛さ。

(駿がいない間、真柴はパジャマに

駿に買ってもらった「IらぶYAMANASHI」Tシャツやモンペ?を着ているのが

駿への気持ちをあらわしていて、なんとも、かわいらしい。)

ただ、

如何せん、時間のなさが、真柴の寂しさを増長させます。

 

そんなこととはつゆ知らず、

駿の真柴愛は、仕事を頑張ることに向けられます。

最初は険悪だった元カノ葉菜との仲も、店スタートにむけて力を合わせるうちに、

昔の二人を彷彿させるような息の合った様子が垣間見られ、

そして「乗り越えないと俺の彼女の隣にいる資格がない。」とまで

葉菜に話しています。

 

来た来た!出ました

「俺の彼女」発言。

真柴の彼氏としての覚悟が見て取れます。

キュ~ン砲発動されました。

 

でも、ん?おい、駿!

え~と、マメシバ真柴愛は、まあ、良いのだけど、

それを元カノにさらっと話すの?

君たち、きちんとお別れしてるのかしら?

駿って葉菜ちゃんに八つ当たりして逃げたんじゃなかったっけ?

まだ葉菜ちゃんの方に駿への未練があるかもしれないのに、こんなこと言うなんて

ちょっと、そのあたり、人として違和感ある私・・・。

 

まあ、

葉菜ちゃんの近況とか説明されていないし、

もしかしたら、入院したというシェフが、葉菜ちゃんの旦那だった。

とか、

駿が店を辞める前から、すでに二人の関係は破綻していて既に別れていた。

とかなら、

自然な流れにもなるので

元カノ視点での、駿ひどい男認定するのは、もう少しあとにしておきましょうか。

 

 

さて、

『オルテンシア』再オープンの日、

シャチを入れた早乙女家全員で『オルテンシア』にて食事。

ここでは、おもしろいほどに、駿、真柴、シャチの心の様子が錯綜します。

元カノと駿の息の合った仕事ぶり、シャチの真柴への気遣い、

そして、楽しみにしていた初デート日に常連の予約。

今まで見たことがないシェフとしての駿を見て

どんどん距離を感じる真柴。

駿を気遣い、真柴とシャチのやりとりを駿から隠そうとする

はるちゃんは、最高に笑えてナイスでした!

 

さて、場面はシェアハウス。

忙しすぎる中でも真柴との時間を持とうとする駿でしたが

真柴が葉山からもらった豆柴ストラップに気づき、

真柴に対して

棘のある言い方をしてしまいます。

 

せっかく、二人で話そうと真柴の部屋に来たのに、

プイと自分の部屋に戻ってしまうあたりの駿の行動は、

ドラマ1話目あたりの感じの悪い駿を彷彿させるわ~。

リアルなら、嫌っす。こういう男。

でも、世の中ゴロゴロいそうっス。

 

おっと話、ズレましたね。

このすれ違い感、モヤモヤしつつもドラマなので、盛り上がります。

ワクワクします。(笑)

そして、私の流星ポイントとしては

「とにかく(デートには)行けるから!」

と、強い口調で真柴に言ってしまったのち、しまったとばかりに

「そのとき、ゆっくり話そう」と優しい口調で言おうと努めるあたり、

彼の真柴への一生懸命さが伝わって、いいですよ~。(笑)

駿がいいのか、横浜流星がいいのか、わからんことになってる私ですが、

とりあえず、駿、がんばれ。空まわってるゾ。

 

この後、落ち込む真柴に対して

シャチが余計な事は言わずに「コーヒー飲みますか」です。

この、大人な包み込むような優しさは、やっぱりヤバイっす。

リアルだったら、かなり惹かれます。

真柴、踏みとどまれるか?!

 

初デートの待ち合わせに遅れた駿が見たものは・・・

そして8話目のクライマックス。初デートの待ち合わせ時間。

待ち合わせの16時半には店が終われなかった駿。

これに反して

その時間にきちんと(?)電話を入れて、駿が待ち合わせに来ていないことを知るシャチ。

(これ、絶対に出来る男・葉山の計算づくの行動にしか思えんけど・・・)

 

電話を香子さんに代わってもらい、

レストランに代わりに自分が行きたいと承諾を得ます。

そして、はじめて星野源「不思議」を背負って、

真柴との待ち合わせ場所まで、嬉しそうに走り出します。

 

はじめて、駿ではない男が、星野源ミュージックを背負う偉業をやってのけた向井理。

あ、ちがった、シャチ葉山。

一方、

駿もコックコートのままダッシュで帰ってきたと思ったら

箱に入っていたスマホを手にし、ちょうど帰宅したはるちゃんに

「教えて!マメシバ真柴の電話番号!あと、バッテリーも!」と・・・。

 

頑なまでに守ってきた自分のポリシーを愛する人のために打ち破った瞬間です。

ブラボー!(もっと早くスマホ持ちやがれ)

 

しかし、

駿は、真柴のスマホに電話するも、知らない番号なので電話に出ない真柴。

表参道駅に着いた真柴をなんとか見つけたものの、二人を阻むのは、大きな交差点。

必死に「真柴!」と叫ぶも気づかない真柴。そして

「くるみ~!!」

と叫ぶ駿。

 

ギャー!!!

遂に来ました!くるみ呼び!(歓喜)

その声に気づいたのか、振り返る真柴。

しかし、真柴と駿との間を引き裂くように

残酷にも二人の間をトラックがさえぎります。

そして

トラックが通り過ぎたあとにいたのは・・・

 

なんと、真柴と葉山・・・。

立ち尽くす駿。

ガ~ン!ですわ←(表現古すぎですわ。昭和世代ですわ)

悲しいですわ~。辛すぎますわ~・・・。

呆然と立ち尽くす駿を尻目に、

二人はタクシーに乗っていってしまいます・・・・

 

と、なんとも悲しい終わり方。

あんなに頑張ったのに、これかよ・・・

私もへこむわ。泣けるわよ。

 

まあ、シャチもたぶん久々に頑張って走ったであろうから、(年齢的に)

あれで、駿が来たら、ほんとにただのピエロ状態でかわいそうなのだけど

二人の星野源タイムは、

シャチに軍配が上がってしまったわけです。

 

藤野駿派(いや、横浜流星派)の私とすれば、これはただ、ただ悲しく

呆然自失。。。お前だけじゃないよ。駿。

う。。。切ないぜ。

 

ただ、私の救いとしては、

必死に走って、必死に焦ってる横浜流星は最高でした。

走りながら、コックエプロンをほどく姿も、

運動会のリレーで歓声を浴びるが如く必死に走る御姿も

走りながら、なびく髪も

全てが美しかったよ。うん・・・。

向井理の長すぎる足は妙にカッコよすぎで、歩幅は完全不利だったけど、

走り方は、横浜流星の方が早そうだったよ(涙)

 

ああ、ツラ。

駿押しのわたくしは、とにかくラストは

駿とくるみのハッピーエンドが見たい。

駿の作ったエビを食べて、渓流釣りして

伏線回収した二人の幸せそうな姿をお願いしたい。

来週は、駿に北海道での出店話も出るというから、

またまた二人の関係に障壁出没の予感。

ふう・・・。

来週がんばろうね・・・。駿。

勝手にラスト予想

さて、ここでラストを勝手に予想してみましょう。

ラブコメありがちな、一度はそれぞれの夢へ邁進するために距離的には離れ、

数年後の設定でハッピーエンドを見せるパターンは、王道なのかもだけど、

個人的には、避けていただきたい。

多分、残念ながら、当て馬社長を選ぶことはないと思われるので、

やはり、駿とハッピーエンドを迎えるんだろうな。

ただ、流れ的に、クリアにしないといけないこともあるので、

そのあたりを視聴者が納得するラストとして、どのような展開を持ってきてくれるのかが、楽しみ。

料理のことになると周りが見えなくなる駿は、

もともとは、雨が降ったら仕事を休むような人間ではなく、

本来は、真柴と同じまっすぐ前を向いて、真柴以上に猪突猛進するタイプだろう。

その駿が、真柴のために、

もう一度まっすぐ前に進もうと覚悟を決めたけど

時間を何よりも大切にし、

オンとオフを切り分けることを大事とすることに気づいて

大事にしてきたモットーを、どうしたらいいんだろう。

仕事の忙しさと、自分の時間獲得との両立問題は、

リアルでもなかなか、難しいよね。

この二人は付き合ってるといつまでも、問題やすれ違いが起きてきそうなので、

私の心の安定のためには、もう、結婚してもらいたい。

しかし、結婚ともなれば、またまた、壁だらけだ。

私的には、真柴はバイヤーとして世界を飛び回り

駿は東京で予約の取れない大人気シェフとし活躍してもらい、

結婚した二人には

ワンオペならぬシェアハウスの皆皆方の5オペ(いや、香子さんの元旦那入れて6オペでも

いいんだけど。あ、部屋ないか…)

で、双子ぐらい育ててもらいたいところ。

なんなら、はるはせコンビも、同じように

結婚して子供もいて、

みんなでごちゃ混ぜで子育てなんてのが、

理想なのだけど…

さて、どうなりますやら。




【着飾る恋には理由があって9話】向井理に負け続ける横浜流星ファンがネタバレ考察で嘆いてみる

nikemaru

投稿者の記事一覧

自分の知りたいことやみなさんに有益となりそうな情報発信をしていきます。移り変わりの激しい世の中にあっても、主婦目線でささやかな楽しみにつなげられることを発信していきたいです。

関連記事

  1. 凪のお暇 中村倫也 性格 彼女  中村倫也の性格はドSで飽き性の天邪鬼?彼女は女優で友達は?売れ…
  2. 田中圭 昔 画像 田中圭の嫁さくらとは?学歴もバスケも凄いが性格は?指を入れたい癖…
  3. 小池徹平 嫁 永夏子 小池徹平の嫁の永夏子はカウンセラー女優で令嬢?大胆演技の映画は?…
  4. ゆりやんダイエットレシピ ゆりやんが痩せたレシピとは?ロカボダイエットのケトン体質に戻す方…
  5. 戦慄かなの大学 昔 画像 少年院アイドル戦慄かなの大学は?昔の犯罪は?壮絶生い立ちに涙!
  6. 着飾る恋には理由があって 最終回 【着飾る恋には理由があって最終回ネタバレ】ラスト別れ?結婚?横浜…
  7. 吉沢亮さんの性格や彼女は?本当は暗くてヤバい?天陽ロスから大河主…
  8. グッドドクター山崎賢人演技 山崎賢人の演技が上手い?グッドドクターの障害者の扱いがひどいのに…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 井川遥とピンクハウス
  2. クッキングダイアリー攻略
PAGE TOP
error: Content is protected !!